new!!【講座のお知らせ】五島史誉のバッハ インヴェンション講座

みなさん、こんにちは♩︎今日は講座のお知らせです!

9月から5回シリーズで、バッハ インヴェンション講座を開催することになりました。「インヴェンション」というと、避けては通れない誰もが通る道ですよね。

バッハ先生は、長男ヴィルヘルム・フリーデマンのために《クラヴィーア小曲集》という曲集を作り、装飾音表や運指を学ぶための練習曲と共に、インヴェンションの一部や他の作品、また他の作曲家の曲を書き込みました。詳しく見ていると、わずか9歳の息子に基本的なことを学ばせるために、バッハが様々な形で装飾音を書き込ませたり、その年齢でできることを求めて指示をしていたことが解り、バッハと愛情溢れる熱心さには頭が下がります。

さてさて、今回の講座は、音大生や指導歴の浅い先生が対象となっています。いざインヴェンションを教える…となった時に、何をどう教えたらいいのか悩むことが多いと思います。実際わたしもそうでした。。

どういう順番で取り組むのが良いのか?装飾音はどうしたらいいの?テンポは?いろいろなピアニストのCDを聴いてもみんな違う!楽譜はどの版を使ったらいいの?

解説本やたくさんの書籍がでていますが、これが正しい!というものはそもそも存在しないので、難しいところですね。バッハ様のところに行って質問攻めにしたいところ笑。

バッハの基本を踏まえた上で、忘れてはならないのは『音楽』であるということ。ほとんど何も書いていない原典版から、魅力をどれだけ引き出せるかが大切だと思っています。

今回の講座では、一方的に解説をする堅苦しいものではなく一緒に考える勉強会を目指しています。あーでもないこーでもないと意見しあって、時には弾いてみて、バッハのおもしろさに気づいていけたら!と思いますので、ぜひぜひご参加お待ちしております♬︎

https://www.yamahamusic.jp/shop/nagoya/event/bach-invention_goshima-fumiyo.html